初めてのOEM★オリジナルシャンプー作成ガイド

Home > オリジナルシャンプー作成時のoem業者について > oemで開発するオリジナルシャンプーの可能性

oemで開発するオリジナルシャンプーの可能性

 販売元の会社に代わって受託会社が製品を作製するoemの普及により、オリジナルシャンプーもoemで作る企業や美容院などが増えてきました。
oemのオーダーメイド感覚で製造できる柔軟な対応が、企業の新しいシャンプーの開発や美容院などの自社ブランドの立ち上げを後押ししています。
では、oemでのオリジナルシャンプーの開発にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
oemでオリジナルシャンプーをつくる大きなメリットは小ロットでの作製が可能ということです。
新しい技術やアイデアを取り入れたシャンプーを試供品という形で試すことができます。
また、美容院などであれば、お客様の髪に毎日触れ、シャンプーで傷んだ髪をみていれば、既製品にはない髪が傷みにくい新しいアイデアのシャンプーを作りたいなどと考える美容院も少なくはないでしょう。
また、それがサービスの一環であると考えれば高い投資ではないはずです。
そんな、美容院の自社ブランドのシャンプーを作る手助けにもなり、小ロットの作製は低在庫低リスクで販売ができるので、oemがそれを可能にしてくれます。


 最近のほとんどの新しいシャンプーはoemから生まれているといわれており、可能性を考えれば、oemでのオリジナルシャンプーを作るメリットは大きいといえます。
しかし、デメリットもあります。
店頭に行けば多くのシャンプーが存在します。
それら既存のシャンプーとの競争となるということです。
とても有名な美容院のシャンプーでしたら、ファンも多いため、自社ブランドのシャンプーを気に入って購入してくれるかもしれません。
しかし、全てがそうとは限りません。
また、oemのデメリットでもある、自社独自のノウハウを持てないという点や製造原価のコスト削減ができないなど、製造面からのコストの削減が出来ないため、シャンプーの価格を高く設定しなければならないとなれば、他社、しかも既存の安価のシャンプーと競争すると考えると難しい場合も考えられます。


 しかし、oemのオリジナルシャンプーは、シャンプーを進化させ、髪を傷みにくく、人体にやさしい商品が出てくれるのであれば消費者にはうれしいことはありません。
既存のシャンプーとの競争は激しいかもしれませんが、本当にいい商品であれば、シャンプーの業界に一石を投じることができるのはomeである可能性が高いのです。
また、oemの会社は多く有り、選ぶのは大変です。
しかも、ほとんどが見積もりになっており、見積もりだけの依頼は受けてくれない会社もあります。
自分たちにあった会社を選ぶためには、多くのoemの会社に、こういったものを作りたいというしっかりとしたビジョンを提示し、何社も見積もりを取り、予算と利益が出るかを考えて選んでください。
また、ボトルを一緒に頼むとボトルは外注になるため高額になる場合もあります。
ボトルと中身を一緒に頼むのか、中身だけにするのかなども考えて見積もりを取ることも必要です。

次の記事へ