初心者でもわかる会計伝票の豆知識

会社ではお金が必要になります。なにか物品を購入したり、給料を支払ったり、商品やサービスを提供することでお金を受け取ったりと毎日お金が動きます。会社としては会社に入ってくるお金と出て行くお金を管理しなければならないのです。これは収支ということでいつどこでなんおためにお金を使った、またいつどこからなんのお金が入ってきたのか捉えなければならないのです。お金が管理できないと会社を運営することはできません。会社にはいろいろな組織がありそれぞれのお金の動きを捉えなければなりません。またお金には必ず権限があります。誰でもいくらでも使用できるということではなく上司が認める、または稟議といった形でお伺いを立てて承認を得ることでお金を使うことができるのが一般的な会社の仕組みなのです。

お金の収支を把握するための会計伝票

会社で発生するお金のやり取りには必ず記録というものが必要になります。これは法的にも必要になってくるもので記録を残さなければなりません。それは請求書であったり、領収書であったりしますが、会社としてはそれらの内容から会計伝票を作成しなければならないのです。会計伝票は会社によって様々ではありますが、基本的には貸借ということで費目によって分けられる記録されていくのです。例えばなにか物を購入しなければならないことがあります。しかし急に外出先で必要になった場合など自分で立て替えて購入しなければならないことになります。このような時にいったん現金など立て替えて購入します。それを証明するものとして領収書が必要となります。領収書など内容を証明できるもから会計伝票を作成します。

会計伝票を記録して会社の状況を把握

会社で使用するお金は少額であってもきちんと記録をして、貸借を合わさなければなりません。これは勘定科目という費目で表すことになりますが、現金でボールペンを購入した場合は、現金と事務用品費といった勘定科目で記録をすることになるのです。これをすべての費用について行い支出を把握して、売り上げなどの収入も同様に貸借で会計伝票を記録するのです。その結果会社としての収支がわかるので、どれだけ儲けがあるのかといった利益を計算することができるのです。会社では一般的に予算というものがあります、予算も費目ごとに立てて合わせておくと予算と比較することができるようになります。会計伝票というのは会社の収支をきちんと記録をすることと会社の状況を正しく早くわかるようにするために必要なのです。